寒さに非常に強い植物寒さ暑さに強いグランドカバー

2013年01月27日

北限のお茶「村上茶」「雪国紅茶」



村上市は北限の茶どころです。



冬の厳しい気象条件の中で育った村上茶はその寒さの中で養分が

蓄えられ、春の新芽にその旨さがぎっしり詰まっているという。

村上のお茶師さんは、畑の土作りから製造過程に至るまでこだわ

ぬいています。



北限ということもあり、初摘みと二番摘みだけらしく、経済的に成り

立つ北限でもあるという。



明治期には米国やロシアに輸出されていたが、大正期になると途絶

えたという。



お茶師さんは2004年、村上紅茶を復活させ、その名も「雪国紅茶」

とし、日本的な優しい和菓子にもあう、風味ある紅茶を復刻したので

した。








IMG_0320
























お茶師さんから、お茶の淹れ方を教えていただきました。

  ① 一人前 茶葉3g お湯100㏄


  ② お湯の温度   80℃以上 渋み
              
               70℃以下 旨み

  
  ③ 浸す時間    30秒以上 濃いめ
               
               20秒以下 薄め
 
 
 ◎ お湯に茶葉を浸しておく時間は、一煎目は20秒、二煎目は10
   
   秒三煎目は5秒にするといいらしいですね。



 ・ 一煎目は、カテキンたっぷりの味を楽しみ。
  
 
 ・ 二煎目は、お菓子と一緒に。

     (* お客様には三煎目まで)




一人でいただく時は、茶葉の量を1g多く、5人以上の場合は一人当

たりの茶葉の量を1g少なめに入れる。




窓の外は、雪国特有の地吹雪で先が見えません。ひゅーひゅー絶え

ず寒そうな風の音が聞こえてきます。

暖かいお部屋で、ゆっくり味わうお茶と和菓子。





IMG_0332























上の写真は、雪国紅茶と晩白柚の皮のピールとざぼん漬けのコラボ。

日本の紅茶とマッチしたとても優しい温かさとぬくもりあるティータイム

でした。



北限の「日本茶」と「雪国紅茶」ぜひお試しを!


hiroko6801 at 13:06│Comments(0) グルメ | ティー

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
寒さに非常に強い植物寒さ暑さに強いグランドカバー

お試しセットって?